さくら海老、好きですか~!

美味しいですよね、旬の桜海老!

 

 

桜えびのかき揚げ

 

サクサクに揚がったかき揚げをほおばった時に広がる甘みは至福のときを感じられる瞬間です。春なら同じ時期に出回る新玉ねぎや菜の花と、秋なら三つ葉や水菜などと合わせて揚げるといいですね。

 

海老の天ぷらを揚げるようなドロッとした天衣を作って揚げるより、小麦粉を直接桜海老にまぶして揚げる方がサクッとカラッと揚がりますので是非お試しいただきたいと存じます。

 

ボウルに生の桜えびと(釜茹で桜海老でもOKです)旬のお野菜を入れ、小麦粉を適せんまぶし軽くかき混ぜ、170°~180°に熱した油でカラっと揚げて下さい。

天つゆで食べるのも捨てがたいですが、まずは塩でお召し上がりいただきたいと思います。桜えびの甘味がよりいっそう引き立ちます!

 

f:id:hu-saigyo:20190610065714j:plain

 

旬の時期に手に入る鮮度の良い生の桜えびなら、そのままお刺身でもいいですね!

 

f:id:hu-saigyo:20190610065743j:plain

 桜えび大不漁!

今年2019年春漁の桜海老も大不漁の様相となってきました。

昨2018年の秋漁は1回も出漁することなく桜えび漁が打切りになりました。

打切りの理由は資源調査での分析結果、水揚げに適さない体長35ミリ以下の稚海老が7割を占めたことからの決定で、天候不順以外で一度も出漁しないまま漁を終えるのは桜海老漁史上初めてとのことです。

 

春・秋の風物詩にもなり観光資源としても人気の桜海老、

旬の食卓を彩る食材として欠かせない桜海老、今後の漁回復を祈るばかりです。

 

さくら海老は春と秋、年2回の漁期があります

 

 

春は3月下旬~6月上旬、秋は10月下旬~12月下旬が漁期となり、6月11日~9月30日は桜海老の産卵期にあたるので資源保護のため禁漁です。

冬季は海老が深海に潜ってしまうため休漁となっています。

 

桜えびは駿河湾にしかいない?

 

 

日本国内で水揚げされる桜海老のほぼ100%は駿河湾産です。

相模湾、東京湾、湖東列島沖でも生息していることが確認されていますが漁はされていません。その他、台湾近海にも生息していて漁がなされています。日本国内にも台湾産の桜海老が輸入され、駿河湾産と比べてもリーズナブルな価格帯で流通しています。

しかし国内産に比べ甘味も薄く色合いも薄く比べようもない品質です。

 

余談ですが、先日日帰りで旅行に行った先で入った飲食店で「釜揚げ桜海老丼」「さくら海老のかき揚げ」「桜海老そば」がメニューにあり、おっすごいなぁ~と思ったのですが値段を見て「えっ?」て。なんでこんなに安いんだ。う~ん。

一瞬、台湾産さくら海老があることを忘れていて腑に落ちるまでに数秒を要したのを覚えております。もちろん、由比とか桜海老の本場の飲食店ではありません。

毎年この時期になると旬の看板メニューに掲げるお店も多いのでたん変だなあとつくづく思った次第です。もちろん桜海老は頼まず自然薯そばをいただいてきました。(笑)

 

ほたるいか、好きですか~~~!

 

美味しいですよね!旬のホタルイカ。

 

f:id:hu-saigyo:20190610065445j:plain

この美味しいホタルイカ、生で食べますか?ボイルで食べますか?

 

内臓ごと生で食べるホタルイカの刺身、本来これが一番美味しいんですが寄生虫が心配です。内臓ごと食べる場合は必ず一旦冷凍した物を食べるようにしてください。

 

f:id:hu-saigyo:20190610065517j:plain

水揚げしてすぐに浜で茹でられるボイルほたるいか、こちらがやはりオススメです。

ホタルイカの酢味噌和え、和食料理では一般的に有名ですね。

茹でた分葱(わけぎ)やワカメ、細切りしたミョウガなどを添えると彩りもきれいで食感のアクセントもあり宜しいかと。

 

また、ホタルイカはニンニクとの相性がいいので、ホタルイカのペペロンチーノやアヒージョもオススメです。

同じ時期に出回る旬の菜の花と合わせると色合いもきれいですね。

 

ホタルイカと菜の花とシラスのペペロンチーノ

f:id:hu-saigyo:20190610065546j:plain

ホタルイカと菜の花だけで一品料理にするのもいいですが、パスタに合わせれば立派な主食料理の出来上がり!

 

旬+旬=旨いの方程式、是非お試しいただきたいと思います!

 

ホタルイカの旬!

 

毎年1月下旬ころから始まる山陰沖のホタルイカ漁。2月いっぱいは島根県、兵庫県、福井県沖で漁獲されるホタルイカが主流ですが、3月1日富山湾内でのホタルイカ漁が解禁となり本格的なホタルイカのシーズンに突入となります。

 

湾内ものと湾外もの?

 

ホタルイカは1月下旬、山陰沖で漁が始まりますが山陰沖で獲られるホタルイカは小さいんです。初春から日本海を北上し富山湾内に入ったホタルイカは富山湾の豊富なプランクトンをたっぷりと摂り丸々と太り産卵期を迎えます。この丸々と太ったホタルイカ、特に常願寺川河口から魚津市の魚津港に至る15キロ間の沿岸域で捕獲水揚げされるホタルイカは富山湾内ものとして取引される最高級品で、味噌もたっぷり詰まっていてとても美味しいですね。湾外ものとは別物といっても過言ではないでしょう。 湾内もの=大きくて味噌もたっぷり詰まっていて美味しい!と覚えて下さい。

 

富山湾!

 

浅いところでも水深200m~300m、最深部は1,000mにもなる富山湾。その富山湾に立山連峰より流れいる雪解け水、この雪解け水が滋養豊かな富山湾の海を創りだします。 豊富なプランクトンに恵まれる富山湾は豊かな漁場であるため「天然のいけす」とも呼ばれていて、ホタルイカ、シロエビ、氷見の天然ブリなどが特に有名です。 国の特別天然記念物 この富山湾常願寺川河口から魚津市の魚津港に至る15キロ間の沿岸域は「ホタルイカ群遊海面」として国の特別天然記念物に指定されています。

ホタルイカそのものを天然記念物に指定してしまうと食用にできないため群雄海面としたようです。